最新の投稿

Japan Embassy カリラヤ 2017

japan emb

在フィリピン日本国大使館 日本人戦没者慰霊祭のご案内 日時:2017年8月15日(火)午前9時30分~10時 場所:カリラヤ日本人戦没者慰霊園(慰霊碑前) 通称「Japanese Memorial Garden」 住所:Caliraya, Cavinti, Laguna (ラグナ州カビンティ・カリラヤ)

Read More »

Nihon Shogi

nihonjinkai

第23回マニラ日本人会フィエスタ ソフトボール大会 出場チーム募集 予選リーグ開始:2017年9月3日(日)場所:マニラ日本人学校グラウンド 申込受付開始8月1日(火)(申込用紙は日本人会事務局にあります) 申込締め切り8月15日(火)17:00 組合せ抽選・監督会議8月18日(金)17:00~日本人会会議室    

Read More »

ティナラック・フェスティバル T’nalak Festival

s-fea

18th. July 2017 in South Cotabato チボリの女性が織りあげたティナラック。 チボリの女性が織りあげたティナラック。 伝統衣装をまとってストリートに登場! (祭りシリーズ最終回) ~ミンダナオの先住民、チボリのふるさとフェス~ 伝統織物ティナラックの衣装で楽器をたずさえて踊る、 ティナラック祭り 南コタバト州コロナダル市 T’nalak Festival, celebrated every month of July, commemorates the founding of South Cotabato. It is held in Koronadal City, the provincial capital. The name of the festival is derived from

Read More »

イベント & アクティビティ Event & Activity

s-fea

情報をお寄せください。「ナビマニラ編集部」まで。Email: info@navimanila.com 国民的フォーク歌手、フレディ・アギラが 土曜日にオンステージ! 「ピノイ・フォーク」ファンが集うライブハウス カ・フレディーズ Ka Freddie’s 場所:Citystate Tower Hotel 1315 A. Mabini St., Ermia, City of Manila Tel : 02-708-9600 to 09 フィリピンを代表するフォーク歌手、フレディ・アギラが毎週土曜日にライブハウス「カ・フレディーズ」で演奏している。場所はマニラ市エルミタにあるシティステートホテルの1階。マビニ通りに面し

Read More »

フィリピン最近のニュース Philippine News Archive

s-fea

まにら新聞 で見る 長崎にフィリピンから信者75人が大規模な巡礼へ (6月27日号)  キリスト教布教や弾圧の歴史、世界遺産登録を目指す教会群などで知られる長崎がいま、フィリピンで注目を集めている。7月には、フィリピン・カトリック巡礼協会(ACSP)が長崎を訪れ由緒ある教会を巡る巡礼を実施予定で、フィリピン各地から75人が参加する。長崎へのフィリピン人によるこの規模の巡礼は初という。巡礼に際し、首都圏マカティ市では26日、巡礼に参加する信者約20人を対象に説明会が行われ、

Read More »

先住民若者たちの演劇

s-fea

進みつつある鉱山開発をテーマに by 反町眞理子(環境NGO「コーディリエラ・グリーン・ネットワーク」顧問) ここ数年の観光ブームに沸くバギオだが、誰もが訪れる観光名所と言えば「マインズ・ビュー・パーク」。バギオの中心から5キロほど北東にある小高い丘の展望台は、週末には記念写真をする人々であふれかえっている。 「マインズ・ビュー」の「マインズ」とは、「鉱山」のこと。訪れる観光客は遥か彼方に見える美しい山並みと流れる雲に感嘆の声を上げるが、その手前のむき出し

Read More »

フィリピン大学(UP)にお目見えしたブロンズ像 「アップリフト」が話題に

s-fea

長い髪を垂らした女性裸像が空中に浮遊 The “UPLift” sculpture at the University of the Philippines-Diliman by artist Ferdinand Cacnio フィリピン大学(UP)のディリマン校(ケソン市)のキャンパスに6月、長い髪の女性裸像が空中に浮遊しているブロンズ像「アップリフト(Uplift)」がお目見えして話題になっている。「UPLift」と最初の2文字を大文字にしてフィリピン大学の略字をかけて表記されることが多い。 像があるのは正門を入って左に進んだところにあるビリャモールホール(ユニバーシティシアター)前。

Read More »

ハロハロ・ノート ~とっておきのフィリピン~

s-fea

第6回: マルンガイ フィリピンの「極上スーパーハーブ」マルンガイ Malunggay: The Philippine Superfood 日本でも「モリンガ」、「ワサビノキ」という名前で究極のスーパーフードとして注目されているマルンガイ。食物繊維や必須アミノ酸、ビタミンやミネラルや抗酸化物質であるポリフェノールの他、リラックス効果があると言われるGABAも含まれています。 フィリピンでは昔から、葉を緑豆(モンゴ豆)のスープの上に散らしたり、鶏のスープ「ティノーラ」に入れたりして野菜として食べられてきまし

Read More »

ごみ問題、 環境問題を考えた活動を

s-fea

セブ からの 通信  セブで毎年開催される盆踊り大会では、様々な華やかな催し物の裏で、フィリピンのゴミ問題、環境問題を考えた活動を行っています。 ゴミはゴミ箱へ  ゴミはゴミ箱に捨てる。日本では当たり前のこの習慣が、ここフィリピンでは通用しません。道端でも自宅の目の前でも、人々は平気でポイ捨てをします。また、ゴミの分別もほんの一部でしか守られていません。 そこで、盆踊り大会では毎年、株式会社GUUN様のご協力のもと「ECO STATION」を設けて、ゴミの分別とゴミの収集を行って

Read More »

果物の実り豊かなダバオで

s-fea

「果物の女王」マンゴスチンの房が見事 ダバオ市内の国道沿いの露店で、見事な房状になったマンゴスチンを見かけました。へたのあたりをひもで縛ってぶら下げられたものです。熟すと濃い紫色になります。ダバオはドリアンはじめ各種フルーツの名産地です。マンゴスチンの下に並んでいるのがスーハ(ポメロ)と呼ばれている文旦類で、右側のソフトボールほどの緑色をした丸いのはマランです。 マンゴスチンは「トロピカルフルーツの女王」と呼ばれています。へたを引っ張って外し、

Read More »

フィリピン南部はIS(イスラーム国)の拠点になるか?

s-fea

― マラウィ市占拠事件の深層 ― 床呂 郁哉 (東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所) 「イスラーム国(IS)」の黒旗を掲げた黒づくめの衣装の武装集団の戦闘員が市街地の主だった建物を占拠し、街を奪還しようとする政府軍側と日夜、激しい戦闘を繰り返している。ときおり政府軍のヘリコプターや爆撃機が上空から武装集団の拠点に激しい空爆を加え、市街地では何カ所も大きな黒煙が上がっている。街を脱出した避難民の数は数十万人の規模に達しているが、

Read More »

フィリピノ・ワールド Filipino World

feaa

フィリピン語  アレ・コレ 第8回 「マノ・ポ」 Mano Po (目上の人への挨拶)    みなさん、こんにちは!Kumusta kayo? フィリピンの家庭を訪問すると、子供や若い人が「マノ・ポ!」と言いながら年配の人の右手を自分の右手で取り、頭を下げて手の甲を額にあてる様子を目にすることがあると思います。これは「マノ」とよばれる習慣で、年上の方に対する尊敬を示し、祝福をいただく意味があります。「マノ・ポ」の「ポ」は尊敬表現で、言葉や文章の後につけると丁寧な表現になります。「マノ」

Read More »

プエルトガレラ 釣り日記

s-fea

初心者でも気軽にフィッシング By マイク白石 大型回遊魚を狙い、 プエルトガレラでトローリング 前回、前々回と家族連れでも楽しめる流し釣り、中深場釣りをご紹介しましたが、今回は、より大型の回遊魚を狙うトローリングを紹介したいと思います。 トローリング―ボートと最も相性のいい釣り トローリングとはルアー(疑似餌)を生きた魚類に見せかけ、船で曳きながら魚を釣るボート釣り・ボートフィッシングのひとつです。トローリングはボートと最も相性のいい釣りとも言われています。

Read More »