最新の投稿

明治大学マニラ紫紺会 定例懇親会と勉強会

基本的には毎月第1&3水曜日に開催 【次回定例懇親会】日時: 5月17日(水) 19:00 – 21:00 場所: ユニカセレストラン / Uniquease Restaurant Unit C, #1036, Hormiga cor Teresa St., Brgy. Valenzuela, Makati City(http://www.uniquease.net/) Tel.(02)519-6406 会費: P800程度を予定(飲み物のお持込み、歓迎致します)。 【定例勉強会の今後のテーマ(予定)】 ①不動産市況 ②ADBとAIIB ③貧困問題と社会貢献 ④交通渋滞と物流 ⑤AECとフィリピン ⑥新政権による経済運営 ⑦フィリピン英語留学の実態等々。 明大OBの方、留学中の現役明大生の方など、ぜひご参加ください! (お問い合わせ)明治大学マニラ紫紺会事務局長:中村八千代 Cell:(0927)791-5516 事務局長補佐:金光淳規 Cell:(0917)598-3836 マニラ紫紺会(facebook: meiji.daigaku.manila.shikonkai)

Read More »

「恋するトマト」上映会を開催します

s-colorAisuru Tomato 1-4 DMS

「恋するトマト」上映会を開催します 5月18日(木) 午後8時~開場:午後7時30分) 会場:TIUシアター(瓜生劇場) ご予約の必要はありません。当日、直接劇場までおこしください。 まにら新聞シネクラブ会員を対象とした上映です。会場でシネクラブ会員登録の申し込みを受け付けます。お写真と年会費100ペソ(IDカード発行手数料含む)が必要となります。お誘いあわせのうえ、お出かけください。 フィリピンを舞台にした映画「恋するトマト」(企画・脚本・製作総指揮・主演:大地康雄、監督:南部英夫、

Read More »

週末にちょっぴり本格派登山

IMG_5676

被災後に盛り上がる観光業  ピナツボ山登山 ラハールと呼ばれる、ピナツボ山噴火時の泥流が砂漠の様に広がり、その向こうには山々がそびえ立つ。高くそびえ立つ山肌が朝日に照らされオレンジ色に染まる。息をのむ美しい朝の光景が登山客逹を迎え、登山が始まると、小川が流れる木々の緑や風に吹かれる草原など、ピナツボ山はさまざまな顔で、頂上へと向かう登山客たちを楽しませる。 そして登山の目的地である火口にあるピナツボ湖は、首都圏からわずか数時間のところとは思えないほ

Read More »

「新・金なし、コネなし、フィリピン暮らし!」

1

   フィリピン暮らしのノウハウを解説  写真も590枚 本書はフィリピン移住を考えている日本人へのアドバイス本として、フィリピン暮らしのノウハウを590枚の豊富な写真とともに分かりやすく解説したものである。カトリック信仰や貧富の差、出稼ぎ大国、熱帯の気候などフィリピンの実情を知るための入門編がまずあり、フィリピン行きの準備、フィリピン到着時の入国カードの書き方、両替方法、住居探しのコツと続く。そしてひとまず落ち着けばいよいよ「メトロマニラ探訪」の案内だ。

Read More »

「NEC世界子ども自然クラブ」 環境教育プログラムに参加して

NECフィリピンからもスタッフが参加。宿泊先のTALAシェア&ゲストハウスTALAで

田原 明(環境NGO「コーディリエラ・グリーン・ネットワーク」ボランティア)Photo by Arnold C. Baladad 「NEC世界子ども自然クラブ」(主催:山梨県キープ協会、協賛:NEC)の環境教育プログラムにボランティアとして参加した。 このプログラムには、日本・台湾・マレーシア・フィリピン、インドネシア、中国の6カ国の子供たちが参加し、それぞれ3日間の環境教育を実施、連日活動後に各国をインターネット・テレビ電話でつなぎ、フィードバックを共有しあうというもの。フィリピンでのプ

Read More »

カビテに残る昔ながらの「塩田」ー製塩衰退、ロックソルトのミニ観光スポットにー

edIMG_0759

ぷろびんしゃの風景 海水を蒸発させて天然の塩を作る「塩田」がマニラ首都圏南郊、カビテ州の海べりに数カ所、ひっそりと残っている。製塩業が衰退するいっぽうで、地場産業を懐かしむ人たちが時折見学に訪れ、塩田はミニ観光スポットにもなっている。 製法は昔ながらの天日(てんぴ)採塩法で、満潮時に海水を塩田に引き入れ、水分を蒸発させて作る。海水を塩田の間にある幅4、5メートルの溝に流し込み、そこで水分を蒸発させて濃度を高めた後、その海水を塩田に導き、天日で塩を結

Read More »

ハロハロ・ノート ~とっておきのフィリピン~

ススキに似たタイガーグラスという草が原材料

一本一本丁寧に作られた良品のワリス(ホウキ)  フィリピンでホウキと言えば、外を掃くのに使う硬い「ワリス・ティンティン」と家の中を掃く柔らかい「ワリス・タンボ」の二種類が定番ですが、今回ご紹介するのは屋内用。マニラでも市場やスーパーで売っていますし、赤や青のビニールで「Baguio」などと柄に入れた物をバギオのお土産としてもらったことのある方もあるでしょう。こういうホウキもそれはそれでフィリピンらしい味があるのですが、最近は作り方が雑になってしまって針金で留め

Read More »

フィリピン映画の魅力が光る 大阪アジアン映画祭

授賞式で受賞の挨拶をするイザ・カルサドさん

過去最多の 9作品     毎年3月に開催される「大阪アジアン映画祭(OAFF)」。12回目を迎えたOAFF2017で過去最多の9作品のフィリピン映画が上映された。2015年に大ヒットを記録した伝記映画「Heneral Luna(ルナ将軍)」のジェロルド・ターログ監督の次作で最新作の「Bliss(至福)」が世界初上映。同作に主演した人気女優、イザ・カルサドさんは全上映作品の中で最も輝きを放っていると評価され、スポンサーアワードの「薬師真珠賞」を受賞した。また、特集企画上映作品

Read More »

第4回セブ夏祭り・盆踊り大会 2017 Cebu Bon Odori Fest

1

 Event& Activity イベント & アクティビティ 日程:2017年5月27日(土)・28日(日)両日とも午後3時から午後10時まで 開催場所:SRPスグボグラウンド(予定)SRP Sugbo Grounds 日本人とフィリピン人がいっしょになって、盆踊りやコスプレ、カラオケを楽しむセブの一大イベント。たくさんの屋台も出店。今年は世界で活躍する和太鼓バンド「GOCOO」も参加予定。大迫力の熱いパフォーマンスが期待されている。昨年は2万2千人が参加、今年は3万人の来場を見込んでいる。2014年、

Read More »

ワワダム 60年間の役割終えて久しく、現在は「水源地エコパーク」に

高さが約20メートルのワワダム。週末はダム湖で竹製の筏(いかだ)に乗ったり水浴びをする人でにぎわう

Beating the summer heat in Wawa Dam リサール州 ロドリゲス町 マニラ首都圏の北東約35㌔、リサール州ロドリゲス町の峡谷にあるワワダムは今から100年以上も前に上水供給を目的に作られたダムだ。かつては「マニラの水がめ」と呼ばれたワワダムはダムの機能を失ってからすでに数十年が経つが、周囲の切り立った石灰岩の峡谷や鍾乳洞、白い大きな奇岩など景観が素晴らしい。このため渋滞がない週末はマニラ首都圏から車で約1時間と比較的近距離にあるため、サイクリングや散策など「水源地エコパー

Read More »

PRA日本人倶楽部 5月度行事予定

pra-logo

5月       6日     (土) タガログ語教室 まにら新聞 アクラタン (13, 20, 27日土曜日) 13時より 5月    8日     (月) 定例理事会 まにら新聞 アクラタン  マカティシネマスクエア2F 15時30分より 5月    8日     (月) きらく会 マカティリトル東京「きくふじ」 18時より 5月    10日     (水) ゴルフ Canlubang Golf  CC 8時30分より 5月    14日     (日) 南ルソン支部懇親会 (一本槍・カランバ支店) 11時より 5月    20日     (土) 将棋連盟 まにら新聞 アクラタン マカティシネマスクエア2F 14時30分より

Read More »

Filipino World

02

  みなさん、こんにちは!Kumusta kayo? 今回は「フィリピン語」に関わる質問にお答えしていこうと思います。   Q1.「フィリピン語」と「タガログ語」はどう違うんですか? 「フィリピン語」と「タガログ語」は言語としては基本的に同じものです。タガログ語はマニラ首都圏と近隣地域で話される言葉ですが、フィリピンにはその他に北部ルソンを中心としたイロカノ語、中部ルソンを中心に話されるパンパンガ語、ビサヤ・ミンダナオで話されるビサヤ語・セブアノ語といった地方公用語があり、さらに

Read More »

ローカルに親しまれる スピリチュアルヒーラー

beach_image

フィリピン留学記 アダムソン大学 須貝京子 週末を使ってマニラから1番近いビーチとして知られるプエルトガレラに行ってきました。マニラからバスとフェリーを乗り継いで片道4時間で行けるプエルトガレラはアクセスも簡単で、綺麗でとっても素敵な所でした。 海から帰ってきてそのまま大学の講義に出席していたところ、めまいを感じその日は早めに家に帰宅。その夜は38度の熱を出し、楽しかった週末と引き換え、寝込んでしまいました。その後熱は下がったものの、1週間風邪を引きずり、

Read More »