「フィリピンで最も美しい空港」

セブ空港第2ターミナル完成
The New Mactan-Cebu International Airport Terminal 2

第2ターミナルを視察するドゥテルテ大統領

6月7日、マクタン・セブ国際空港(MCIA)第2ターミナルの落成式が行われた。同空港の年間の総旅客対応能力は450万人から1220万人へと増強される。
設計にはセブ出身のアーティストも関わり、木材をアーチ状に使った天井はセブの名産品である家具のイメージを取り入れ、波を思わせる外観はビーチリゾートの雰囲気を醸し出している。落成式に出席したドゥテルテ大統領は、「フィリピンで最も美しい空港」と称えた。
第2ターミナルは7月1日から国際線ターミナルとして利用が開始され、第1ターミナルは国内線ターミナルとなる。
The Mactan- Cebu International Airport (MCIA) Terminal 2 was inaugurated on June 7,2018. The airport’s annual passenger capacity is projected to increase from 4.5 million passengers to 12.2 million. Designed in collaboration with Cebuano artists and international architectural firms, the new terminal has timber arches which symbolize ‘the Furniture Capital of the Philippines’, and wave-like roofs that provide a tropical and resort ambience. In the inauguration ceremony, President Rodrigo Duterte praised the Mactan-Cebu International Airport as ‘The Most Beautiful Airport in the Philippines’.
The MCIA Terminal 2 starts commercial operations on June 1 for international flights while the existing Terminal 1 is for domestic flights.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *