オイスター求めて食べ歩き。

いきなり旅行記  観光名所、珍スポット、ローカルグルメ…記者が思うままに綴る。

The World is Your OYSTER!

みずみずしい生ガキ。白ワイン リースリングで堪能した。Succulent fresh oysters await you!

ブルゴスの路地に佇むオイスターバー
A Kept- Secret Hideaway Oyster Bar in Burgos

マカティ市の繁華街ブルゴス・ポブラシオン、H&Jスポーツバーの並びに、Tambai Alleyという路地がある。東京・新宿西口の○○○べん横丁の一角を思わせるその路地の中にあるのが、ウォンツサワ・オイスターバー(Wantusawa Oyster Bar)。 場所もわかりにくければ、店名も言いにくい。ウェイターに聞くとタガログ語だと言うが、意味はわからないという。友人に聞くと、英語の Want u (you)に、タガログ語のSawa:満足した、という意味ではないかとのこと。
この店の目玉は、ビサヤ地方アクラン州産オイスター。アクラン州はボラカイ島で有名だが、オイスターも名物らしい。この店ではオイスター1個50ペソ。生なり焼くなり揚げるなり、好みの調理で楽しめる。ラテン風マリネのオイスター・セビーチェや、揚げたオイスターをバンに載せたオイスターバオもある。
平日の夜でもオイスターを求める客でにぎわっている。良い店は場所を選ばず、オイスターファンはどこにあろうが駆けつけるのだ。(M)

A good restaurant is not always located in an easily-found location. Wantusawa Oyster Bar is in a small and hard to find alley of Poblacion, Burgos, Makati City. However, it’s crowded with oyster lovers. The restaurant offers Aklan oysters at 50 pesos per piece. Fresh, baked, grilled, fried, whichever you like. Not only oyster menus but also various Japanese nibbles and Asian food such as laksa noodles is available so that oyster lovers can bring friends who don’t fancy oysters, too. The ambience of Wantusawa is like traditional Japanese pubs in downtown Tokyo.

オイスターをイメージした青いネオンが目印。屋外席もある。A blue neon sign symbolizes oysters.

 

オイスターファンの聖地イロイロ市
Oyster Lovers’ Heaven in Iloilo City

タトイズ(Tatoy’s)のオイスター。1皿約30個で100ペソ。
Oysters at Tatoy’s , 100 pesos per plate

昨年11月中旬、約5年ぶりにビサヤ地方イロイロ(IIloilo)市へ行った。イロイロ市に楽しみはいろいろあるが、私にとっての一番の楽しみは、なんといってもカキ、オイスターである。イロイロ市のビラ・ビーチ(Villa Beach)は、オイスター好きにとってのまさに聖地、パラダイス、シャングリラと呼びたい。
シーフードレストランでオイスター1皿10個~30個で80~100ペソ。ローカルの市場では1皿50ペソで楽しめる。イロイロでは、オイスターはスチームして食べるのが一般的。ふっくらと蒸し上がったオイスターをトゥバビネガー(ココナツビネガー)、またはカラマンシを絞って食べる。新鮮なオイスターは蒸すと旨味が増し、その食感はプリプリ!!  味わい濃厚!!! 至福とはこのことである。今回2泊3日の滞在中、私とパートナーは3軒のレストランに行き、11皿のオイスターを平らげた。
ちなみにフィリピノ語でオイスターはTalaba、タラバと言う。タラバと聞くと日本人には思わずタラバガニが頭に浮かんできそうだが、オイスターもタラバガニもどちらもおいしいシーフードつながりで覚えやすい。そして、フィリピノ語でタラバハン(Talabahan)と言えば、オイスターを提供する店のこと。決してタラバガニが載ったご飯、タラバ飯ではないことに気を付けたい。( Y )
For oyster lovers, Iloilo City is heaven, paradise, utopia and shangri-la. There are restaurants, markets and stalls serving fresh oysters along the Villa Beach in Iloilo and Oton. Oysters are available at 80-100 pesos per plate, around 10- 30 pieces in restaurants and 50 pesos per plate at local markets. You can enjoy simply steamed oysters with tuba vinegar and squeeze of calamansi. During my 3 -day stay, my partner and I had 11 plates in total. By the way, oyster is called talaba in Pilipino while ‘talaba’ may be easily misunderstood for taraba by Japanese people. It’s sometimes hard to distinguish between R and L, and ‘taraba’( or Taraba- gani ) means king crab in Japanese. Please say ‘talaba’ in front of Japanese people at a seafood restaurant in the Philippines.

 

穏やかな海を眺めながらのオイスター。対岸に見えるのはギマラス島。ブレークスルーレストランにて。 A tranquil ocean view at Brearkthrough Restaurant
ラパス・パブリックマーケットの店頭に積み上げられたオイスター。この光景を見ているだけで幸せな気分になれる。 Every oyster lover’s dream comes true here in Lapaz Public Market.

素朴なオイスター蒸し器 Oyster Steamer

ブレークスルーレストラン(Breakthrough Restaurant)のぷりぷりのオイスター。大きめ約10個1皿95ペソ。Oysters at Breakthrough Restaurant, 95 pesos per plate

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *