チャイナタウンにある世界一の「中國城」

World’s Largest Chinatown Arch in Binondo

IMG_4934ed - Copy

マニラ市の城塞都市イントラムロスの横をすり抜け直進すると、北に向かってパシッグ川にかかるジョーンズ橋がある。緩やかなアーチ状の橋の中ほどを過ぎるころ、瓦屋根の塔と赤地に金色の「中國城」の文字が突然見えてくる。2年前にできたマニラ・チャイナタウン入口の巨大門だ。
「中國城」とは本来チャイナタウンという意味。門は高さ19.4㍍、幅が23㍍で、ワシントンにある門よりわずかに大きく、世界一を誇る。さらにまっすぐ進むと中華街のシンボル、
「中菲友誼門」がある。巨大門の建築資金を広州市(広東省)からの寄付に頼ったため、「これではまるで中国の飛び地。歴史的に中比が混交して生まれたマニラ中華街のチノイ(チナ+ピノイ)文化を象徴していない」という意見もある。とは言うものの周囲のビル群を圧倒する規模の「中國城」の門はマニラ・チャイナタウンの新しいランドマークであるのは確かだ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *