マニラを愛する「まにら部」 ガイドブック『マニラブ』発刊へ

From Manila with Love: New Guidebook ‘MANILOVE’

「まにら部」運営メンバー

マニラを愛する現地在住者コミュニティー「まにら部」が、ガイドブック『マニラブ』を制作中。関口拓大、小池ゆかり、流田和輝、足立尚優、大橋奈々(以上敬称略)からなる運営メンバーは、日本人がマニラに対して持つ『危ない』というイメージと、実際に暮らして感じるギャップにもどかしさを感じていた」ことから、ガイドブックの発刊を思い立ったという。
「マニラの古き良きものから新しい変化までを現地在住者ならではの目線で捉え、マニラの本当の魅力が伝わるオススメ情報を掲載したい。めざすのは、読後にマニラのイメージが変わるような『新しいマニラが見つかる本』。マニラに興味を持ち、実際に足を運ぶ人が増えるきっかけとなれば」
ガイドブック名『マニラブ』は、「マニラ」と「ラブ(愛)」を組み合わせた造語で、掲載する情報はメトロマニラに特化。制作資金はクラウドファンディングで200万円の調達をめざしている。発刊は来年1月、フィリピン、日本などで約5000部を無料配布予定。
「フィリピン観光省にもPRに協力をいただいています。政府機関、企業、個人が参画することにより、社会的にも意義のある『共創型プロジェクト』にしたいと思っています。
ご支援、ご協力いただける方はぜひご連絡ください」
A Manila-based Japanese community MANILOVE CLUB will launch the guidebook to Metro Manila ‘MANILOVE’ in January 2019. The members of MANILOVE CLUB say, ‘We would like to change a negative perception of Manila since many Japanese still think it is a dangerous city. Our goal is to let every readers know about ‘real Manila’ and to contribute to attracting visitors to Manila’. MANILOVE CLUB is conducting crowd funding for publising the guidebook.

Website: http://maniloveclub.com/
Facebook / Twitter / Instagram: @maniloveclub
Email : manilove@takuseki.com

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *