現地紙で読む「フィリピン」

  空港利用客へのクリスマスギフト要求は厳禁」と公団総裁が警告

Airport staff warned: No asking passengers for Christmas gifts

Airport staff risk losing their jobs if they ask passengers for Christmas gifts this holiday season, Manila International Airport Authority (MIAA) General Manager Eddie Villanueva Monreal said on Nov. 26.

“Kapag may nanghingi ng regalo, hindi na yan aabot ng Pasko. Definitely may disciplinary action,” Monreal warned.
He, however, clarified that he has no problem with personnel greeting passengers “Merry Christmas” as long as there is no intention to ask for gifts.(ABS-CBN News)

【ワンポイント表現】 regalo タガログ語で「ギフト」。「アギナルド」はクリスマスギフトそのものを指す。Kapag may nanghingi ng regalo タガログ語で「もしギフトを要求する人間がいたら」。hindi na yan aabot ng Pasko タガログ語で「彼はクリスマス前に職員でなくなるだろう」。disciplinary action「懲戒処分」。Paskoタガログ語で「クリスマス」。personnel「職員」。

マニラ空港公団(MIAA)のエディ・モンレアル総裁は11月26日、クリスマスシーズンにかけて職員が乗客にギフトをねだる悪弊を一掃するため、「みつければ即解雇する」との檄を飛ばした。
「ギフトを要求する職員がいたなら、彼らはクリスマスまでここにいることはできないだろう。間違いなく懲戒処分だ」と警告した。ただギフトを要求する意思のない職員の「メリークリスマス」のあいさつだけなら、問題はないとした。

◎ Navi Manila Vol.28 より

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *