フィリピン伝統の軍隊式食べ方 ブードルファイト

Philippine Traditional Way of Eating, Military Style Boodle Fight
文と写真 by 冨田すみれ子

文と写真 by冨田すみれ子   大きなバナナの葉の上に、色とりどりの新鮮な果物や海鮮が並ぶ。見ているだけでもワクワクしてくる、フィリピン伝統の豪快な食事、それが「ブードル・ファイト」だ。

立体式のブードルファイト黒い小皿には醤油やカラマンシーエビの塩辛などが入っています

ブードルファイトは、フィリピンの陸軍士官学校で始まったという軍隊方式の食事。皿ではなくバナナの葉、フォークやスプーンではなく手をつかって食べるのがブードル・スタイル。
今回、筆者がトライしたのは華やかな立体バージョン。よく目にするブードルファイトは、バナナの葉の上にそのまま平たく並べられたものだが、今回は、木串にそのまま刺して焼かれた魚や鶏肉、いか、茄子、トマトがつるされている。カニや貝、ぷりっぷりのエビは、たっぷりと盛られた白ご飯の横に添えられてる。
本来、これらは全て、そのまま手で食べる。しかし、ブードル・ファイトの経験がない人にも親しみやすいように工夫してあり、店によってはスプーンとフォーク、もしくは手が汚れないように透明な薄手のビニール手袋などを用意してくれる所もある。
日本人が食べ慣れている白ご飯に比べると、パサパサしていて、手でたべるのも一苦労なフィリピンの米だが、しっかりと味がついたブードル・ファイトの肉や魚ではご飯が進む。酸味がきいたグリーンマンゴーも、バゴオンと呼ばれるエビの塩辛をつけて食べるのがフィリピン流だ。
最初は、ブードル・ファイトの豪快さに圧倒され、全部食べきれるのか心配になっていた私たちも、みんなでわいわい言って楽しく食べているうちに、ペロッと食べきってしまった。初めこそ木串から様々な食べ物がぶら下がっていたが、最後は綺麗に、バナナの葉っぱ一枚だけが残った。

IMG 2687

今回、筆者がブードル・ファイトに挑戦したのは、首都圏パサイ市の商業施設、モール・オブ・アジア(MOA)にある「SEAFOOD ISLAND(シーフード・アイランド)」。水平線に沈む夕日が綺麗にみえる、マニラ湾沿いに並ぶレストランの一つだ。店内からは湾沿いにある小さな遊園地のアトラクションで楽しむ人々がうかがえる。店内のサーフボードや浮き輪の飾りが、南の島にでもありそうな海辺のレストランを演出し、まるで休暇でビーチに遊びに来ているかのような気分になる。
同レストランはブードル・ファイトのメニューだけでも13種類あり、ボラカイやビガン、ダバオなど比各地の地名で名付けられている。人数も「3〜4人」「5〜6人」「5〜7人」で選ぶことができ、少人数からでも挑戦が可能だ。
なかなか日本では経験ができない、フィリピンならではの「ブードル・ファイト」。友達と、家族と、会社の仲間と、是非この週末、「同じ葉っぱの飯」を食べてみてはいかかだろうか。

ナビ・マニラ第23号[Navi Manila Vol.23]より

Step 1
まず、食べ始める前にきれいに手を洗います!
  Step 2
木串から焼き鳥や魚を外すと、皆で分けて食べやすいですね!
s1 s2
Step 3
串から外したら、友達におかずと白ご飯をよそってあげましょう!
  Step 4
さあ、ブードルファイトのはじまり!比軍隊方式を楽しんで!
s3 s4

 

t1 t2 t3
Tip No. 1
貝を殻から外すときなどは、フォークを使うと食べやすいです。
Tip No. 2
米はパラパラしているので、指に少し力をいれてつまんで口へ運ぶとベター
Tip No. 3
エビもそのまま茹でてありますが、殻は手でするりとむけます。

IMG 2699

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *