Let’s Learn Filipino

フィリピン語=タガログ語?

フィリピン人が話す言語、特にマニラ首都圏でフィリピン人が話す言語はタガログ語と知っている人は多いだろう。一方、1987年に制定されたフィリピン共和国憲法には、「フィリピンの国語はフィリピン語」と記されている。フィリピン語とタガログ語は同じなのだろうか? タガログ語はルソン島中・南部を中心に話される言語であり、フィリピンの国語であるフィリピン語は、タガログ語をベースにつくられた言語だ。1937年にタガログ語に基づく国語の制定が決められたのだが、なぜタガログ語が選ばれたのか。その理由としては、次のようなことが挙げられる。
・ルソン島の10州および首都圏を含む、 最も  広範囲に渡る地域で話されている。
・タガログ語が話される地域において、異なる 方言がほとんどない。
・タガログ語で書かれ、発行された書物は、 ほ かの言語よりも多い。
・マニラ首都圏で話されてきた言語である。
・スペインからの独立革命で用いられた言語で
ある。
フィリピン語は全国の小学校、中・高等学校で習う科目となり、ラジオ、テレビ、新聞、雑誌などのメディアでも使われるようになった。さらに歌詞に使われ、教会でもフィリピン語が用いられて社会に浸透した。

では、フィリピン語とタガログ語の違いは何か。実はこれら2つの言語はアルファベットも異なる。タガログ語のアルファベットはアバカダ(ABaKaDa)と呼ばれる20文字に対し、フィリピン語のアルファベットは28文字からなる。
また、フィリピン語はタガログ語よりも語彙数が多い。フィリピン語はべースとなっているタガログ語はもとより、セブアノ語などの地方語、スペイン語、マレー語、英語、中国語などから取り入れており、語彙は今も増え続けている。日本語からも「ドロボウ(泥棒)」などがフィリピン語に採用されている。
フィリピンには地域によって異なるおよそ180の言語があるとされる。例えば、セブやダバオでは一般にビサヤ/セブアノ語が話されるというように。しかし、フィリピン語がフィリピンにおける共通語であり、フィリピン語を身に付けておけば、フィリピン国内どこででもコミュニケーションできる可能性がある。そしてマニラにいるなら、フィリピン語を身に付けるのに最適な環境にいることは確かなのだ。

 

What’s the difference between Filipino and Tagalog language?

The 1987 Constitution of the Republic of the Philippines, Article XIV, Section 6 says that the national language of the Philippines is Filipino. Is Filipino same as Tagalog? Foreigners might think Filipino is also called Tagalog. But there are differences between them. The Filipino alphabet consists of 28 letters while there are 20 letters in the Tagalog ABaKaDa alphabet.Yes, Filipino, the national language of the Philippines, is not the same as Tagalog but Filipino is created and developed based on Tagalog, which has been spoken in the central and south regions of Luzon Island, including Metro Manila. Filipino has more words than Tagalog as Filipino has been expanding by taking words from other languages not only existing Philippine languages but also foreign languages such as Spanish, English, Malay, Chinese dialects, Japanese etc. For example, Dorobo, which means a thief, is taken from Japanese.
If you are in Metro Manila, you have the privilege of learning Filipino, which is the common language spoken throughout the country although there are about 180 different dialects in the Philippines.

(Source : National Commission for Culture and the Arts : Development of Filipino, The National Language of the Philippines (https://ncca.gov.ph/about-ncca-3/subcommissions/subcommission-on-cultural-disseminationscd/language-and-translation/development-of-filipino-the-national-language-of-the-philippines/) 協力:澤田公伸

 

 

 

フィリピンの主な言語分布
Major Regional Dialects
in the Philippines

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *