最新の投稿

本場博多のもつ鍋をマニラで オリジナルメニューにも注目

Nutritious Motsunabe Hotpot For Your Health and Beauty 日本料理店が数多くあるマニラでも、あまり出合えない郷土料理がある。もつ鍋もそんな料理の一つだろう。そしてマニラ在住邦人のもつ鍋へのラブコールにこたえるかのように、先ごろマラテに日本料理店「梟(ふくろう)」がグランドオープンした。 同店では、魚介スープと沖縄の自然海塩からつくるあっさりとしたスープに山芋とろろをたっぷりトッピングする雪見鍋をはじめ、塩鍋、みそ鍋、しょうゆ鍋があり、好みの味のもつ鍋を選べる。もつが苦手な人

Read More »

〜ストロベリー・フェスティバル〜

ラ・トリニダードの甘い香りに誘われて。 Attracted by the sweet scent of La Trinidad ~ Strawberry Festival ~ 2月のバギオ最大の祭り「パナグベンガPanagagenga(フラワー・フェスティバル)」が終わると、今度はバギオの隣町ラ・トリニダード(La Trinidad)でストロベリー・フェスティバルが開催される。 ラ・トリニダードまではバギオ市街地からタクシーで約30分。バギオ市内に2カ所ある乗り場からはジプニーも頻繁に出ていてたいへんアクセスがいい。 年間を通して涼しいラ・トリニダードはイチゴの栽培に適してい

Read More »

歳月が醸成した平和を希求する心

タリサイ上陸記念日 1945年3月26日朝、セブに近接するタリサイの海岸にアメリカ陸軍12000人が、艦砲射撃と航空部隊の援護を得て上陸してきました。ほぼ3年前に日本軍が上陸したのと同じ浜です。8月15日の敗戦まで続く比日米の軍民に多くの犠牲者を出すセブ島での戦いの始まりです。隣のレイテ島では既に前年10月に連合軍との間に熾烈な戦闘が繰り広げられ、日本軍は壊滅的な損害を被って敗退しています。 この海岸では毎年タリサイ市の主催で上陸記念式典が行われています。ボホール島を間近に臨む海に面

Read More »

いきなり旅行記

Spontaneous Travel Diaries フィリピンの観光名所を訪れた記者が 思うままに旅を綴る。 著名人の靴がズラリ マリキナ市「靴の博物館」 If the Shoe Fits, Wear it and Visit Marikina Shoe Museum 首都圏マリキナ市は昔から製靴産業が盛んで「フィリピンの靴の首都」と呼ばれている。フィリピンの地元ブランドの靴にはMade in Marikinaと書かれているものもある。そんなマリキナ市に、靴をテーマにした博物館があると知り、行ってみた。       LRT2号線サントラン(Santolan)駅からタクシーで約10分。スペ

Read More »

インスタ映えスイートスポット「デザート博物館」

The Dessert Museum: Heaven for those who have a Sweet Tooth   名前に「博物館」とあり、知的な感じがするかもしれないが、ひと言で言うと子どもといっしょに行くのにピッタリのインスタ映えスポットである。昨年2月にオープンしたこの博物館にはデザートの歴史や世界各地のデザート解説、といった堅苦しいものはない。ドーナツ、マシュマロ、マカロン、キャンディーなどデザートをテーマにした8つのフロアがあり、オブジェで遊んで自撮りをできる遊園地みたいなところである。入場料は799ペソ。 私は

Read More »

Brush up on your English in the Philippines フィリピンでは英語が公用語の一つ。フィリピン在住の日本人の大部分はフィリピン人とのコミュニケーションは英語で行っているであろう。そして、アジア有数の英語力を誇るフィリピン人と話すうちに、「もっと英語ができるようになりたい」 と思っている人も多いのではなかろうか。日本人にとって4月は新学期、何かを始めるには絶好の時。 フィリピンで英語を身に付けよう。 English is one of the official languages in the Philippines. Most Japanese living here

Read More »

私の英語学習体験

英語を使って仕事をしたり、学んだりしている 人たちは、どのように英語を身に付けたのか。 4人のフィリピン在住日本人に英語の学習体験を聞いた。 独学で英語試験に挑戦 豪州の大学院を修了 ボラカイに移住後、オーストラリアの大学院の通信課程に入学しました。それまで本格的に英語を学んだことはなく、なんとか意思疎通ができる程度。大学院は日本語で学べるコースだったのですが、スクーリングで豪州ブリスベンのキャンパスに行き、現地で英語に触れたことをきっかけに、英語で学ぶコースで修士号を

Read More »

フィリピン在住者にすすめたい 「マニラ首都圏 英語留学」

マニラケソン英語学校協会(MQESA) 代表 樫原 貴志 フィリピンにいるうちに「英語をやりなおしたい」「英語力を磨きたい」と思い、語学学校を探すにはどうすればよいか。マニラケソン英語学校協会(MQESA/エムケーサ)の樫原貴志代表がマニラ首都圏での学校選びについて語る。 加盟校Iby語学院(右)とEZアカデミー(左)の授業の様子。「日本から来て全く英語が話せない人でも、『英語漬け』で集中して学ぶことで上達し、話せるようになるのを何人も見てきました」(樫原代表)

Read More »

2回目のフィリピン留学は ケソン市で「英語漬け」

髙瀬 夢可(むか)さん 昨年10月から今年2月までケソン市のMIT ランゲージスクールに通いました。2016年に2カ月間セブで英語学校に通ったことがあり、フィリピン留学は2回目です。セブへは豪州でワーキングホリデーをしている時に会った人からセブの英語学校の話を聞いて関心を持ち、留学をしました。やはりフィリピンはほかの国に比べ、手ごろな学費でプライべートレッスンで学べるのが魅力です。 セブとマニラの学校の両方に 通ってみて感じたこと 2回目の留学は、セブとは違う環境で勉強したかった

Read More »

ナビ流ゴルフ

ゴルフウェアについて考える。 スポーツにはそれぞれふさわしいウェアがある。 そんな中で、ゴルフウェアは一見、普通のシャツと変わらない。 ゴルフをしない人から見たら「普段着るポロシャツと同じじゃないの?」と思われてしまう。 しかし、ちゃんとしたゴルフウェアにはゴルフをプレーするのにふさわしい機能が備わっている。 ゴルフクラブが進化を遂げてきたように、ウェアだって進化しているのだ。 ご存知の通り、すでにいろいろなゴルフブランドのウェアがある。 その中で今回は新興のゴルフアパレル

Read More »

フィリピノ・ワールド

Filipino World 第29回 Salitang inuulit 繰り返す言葉 フィリピン語 アレ・コレ みなさんこんにちは!Kumusta kayo? フィリピン語を聞いていると、繰り返す言葉がいろいろありますね。実はその繰り返し方によって、意味が変わってくるのです。 1.言葉+ng/na+言葉 言葉と言葉の間にng(ナン)またはna(ナ)が入る場合は、その言葉の意味が強調されます。たとえばlakad(ラカッド=歩く)をlakad ng lakad(ラカッド・ナン・ラカッド)にすると、「すごく沢山歩くこと」の意味になります。Tawa(タワ=笑う)

Read More »