最新の投稿

ブルゴスに登場、日本の味 JP Ryu Ramen

Affordable Japanese Food at Burgos  首都圏マカティ市の繁華街ブルゴスには韓国料理店が多く、意外に日本料理店は少ない印象がある。そんな中でこのほど、会社帰りやナイトライフを楽しんだ後に気軽に立ち寄れる「JP Ryu Ramen」がオープンした。看板メニューは昔ながらの味わいの醤油味をはじめ、味噌、塩、豚骨がそろったラーメン。焼ギョウザや炒飯といったラーメン店らしいメニューはもちろん、カレーライスにオムライス、かつ丼、海老天丼、うな丼など、どんぶり物も充実。

Read More »

路上で魚の丸焼きパーティー 「ミルクフィッシュの首都」

Grilling Bangus on the Street in Dagupan 4月、ルソン地方パンガシナン州ダグパン市で恒例の「バグス・フェスティバル(Bangus Festival)」が行われた。バグスは英語名ミルクフィッシュ、和名でサバヒーという魚で、フィリピンの重要な食用魚である。この約1カ月にわたる祭りがクライマックスに近づく4月30日には、路上でのバグス炭火焼パーティーがあり、約800台のグリルで約4000キログラム分のバグスが丸焼きにされ、来場者に販売された。 ダグパン市はバグスの養殖が盛んな地域で、

Read More »

ある日の情景 A Scene of One Day

籾(もみ)を大胆に天日干し。雨が降ったらどうする? ルソン島中部ヌエバエシハ州カバナトゥアンで見かけた光景。道路わきにちりばめられているのは籾。脱穀前のもみ殻に包まれた状態の米。確かにフィリピンの強い日差しならば乾燥はあっという間だろうが、雨が降ったらどうするのだろう。再び乾くのを待つのか? Sun drying unhulled rice on the roadside… What if it rains? The sight that I saw at Cabanatuan in Nueva Ecija in Central Luzon: unhulled rice interspersed on mats on the roadside.

Read More »

今だからこそ、フィリピンで 始めてみよう!

It’s Time to Increase Your Personal Wealth in the Philippines! 好調続く経済成長に相乗り。 経済成長率6.7%。3000米ドル突破! GDP Growth at 6.7%, the Philippine Economy is Growing 2017年の国内総生産(GDP)が前年比6.7%と好調を維持し、一人当たりの名目GDPも耐久消費財の販売が加速するといわれる3000米ドルを超え、GDPの7割とも8割ともいわれる個人消費が増々活発になりさらなる内需拡大が期待される。 高度経済成長はこれから!? 人口ボーナス真っ只中! The Economic Boom is Ongoing in the Philippines!

Read More »

フィリピノ・ワールド フィリピン語 アレ・コレ

みなさんこんにちは! Kumusta kayo?今回はフィリピンにあるたくさんの迷信、第2回目です。 妊娠、出産に関する迷信 日本では、産まれる子の好物を妊婦が食べたがると言われますが、フィリピンでは“Kung ano ang pinaglihian ng isang buntis ay ganoon din ang magiging hitsura ng sanggol.”(妊婦が食べたがる物に赤ちゃんが似る)と言われ、シンカマスを食べれば色白の赤ちゃん、アドボやチョコレートを食べると色黒の赤ちゃんが産まれると言われます。また食べ物だけでなく、いつも見ていた芸能人に似た赤ち

Read More »

~アジアの友達とビデオ通話!~

NEC World Children Nature Club held in Baguio Video call with Asian friends! NEC「世界子ども自然クラブ」バギオで開催 3月24日から26日にかけて「NEC世界子ども自然クラブ(NEC World Children Nature Club)」が、バギオのゲストハウスTALAを拠点に行われました。 「NEC世界子ども自然クラブ」は子どもたちの環境に対する感受性やグローバルな視点の育成を目的とした活動で、NECのサポートで日本のキープ協会(山梨県清里)が主催しています。2008年から始まり、今回は日本、マレーシア、台湾、中国、

Read More »

自動車運転はいかが?

Fun to drive in Cebu by: 蝶谷 正明(セブ日本人会) セブでは自分で自動車を運転する日本人も少なくありません。リスク回避のため、会社がドライバーをつけてくれても、週末は自分でという人もいます。 今では流しのタクシー以外にもGRABのように便利な交通手段もありますが、急に思い立って出かける場合や立地によっては自分で運転できると確かに便利です。ただし、割り込みや当然のように道路の中央を走る車、またバイクが多いエリアなどヒヤッとすることがよくあります。

Read More »

ディープなボホールへの誘い。

【ボホール州観光局公認】 もっと知って!ディープなボホールツアー   絶景チョコレートヒルズや世界最小メガネ猿 ターシャが有名なボホールですが、更なる魅力ある観光資源を日本のお客様に知っていただきたく産学官連携で「もっと知って!ディーブなボホールツアー」を企画しました。期間限定で5月 〜7月の毎週土曜日に催行します。 第一土曜日は、ボホールの絶滅危惧種の木を植樹し、マングローブボードウォークツアーを楽しむEco tour in Bohol。昼食は地元のお母さんが心を込めてつくるローカルフー

Read More »

ステーキ、焼肉、すき焼き、しゃぶしゃぶ

  家族で肉を楽しむなら 満福ステーキハウス Steak, Yakiniku, Sukiyaki, Nice to ‘Meat’ you! 家族で外食、今日は肉!とはりきってはみたものの、さて、ステーキ、焼肉、すき焼き、しゃぶしゃぶ、どれにしようかと悩む。そんな時、ワンストップでステーキ、鉄板焼き、すき焼き、しゃぶしゃぶ、焼肉、お好みの肉料理を楽しめるのが満福ステーキハウス。 看板のメニューのステーキ「満福スペシャル」はアンガスビーフがたっぷり400グラム。近江、佐賀、鹿児島の和牛は鉄板焼き、

Read More »

福岡発のジェラートカフェバール

マカティ市にオープン ViTO Melt in the mouth Gelato! ViTO launches its 1st outlet in Makati 九州、東京などで23店舗を展開するイタリアンバール「ViTO(ヴィト)」が、首都圏マカティ市に3月からソフトオープンしている。海外ではカンボジア、オーストラリア、インドネシア、マレーシア、台湾などにも出店するViTOのフィリピン第1号店だ。 芸術作品のようにディスプレイされたジェラートは、生のフルーツなど厳選された自然の食材からイタリアの伝統的な製法を基に、ViTO独自の製法でつくられる。口に入れる

Read More »

上空50メートルで食事を 

ディナー・イン・ザ・スカイ Dining 150 feet up in the air Dinner in the Sky Philippines 世界にいろいろなレストランがある中で、「最も変わったレストラン10」(『フォーブス』誌)の一つに選ばれているのがディナー・イン・ザ・スカイ。2006年にベルギーで生まれた地上約50メ-トル上空で食事をするというレストランが、先月ついにマニラに上陸した。首都圏パラニャーケ市のソレア・リゾート&カジノ(Solaire Resort and Casino)に設けられたディナー・イン・ザ・スカイでは、マニラ湾のサンセットを一望しながらディナーを楽し

Read More »

日本風味の無添加パン! 東京ベーカリー

Be Surprised at the Yummy Softness Tokyo Bakery 日本風味のパンを提供する東京ベーカリーが、首都圏カロオカン市にオープン。マネージャーの滝本健一氏によるとフィリピン産の材料を使いつつ、独自の製パン技術により日本のパンならではのやわらかさと風味を実現したという。全行程手作りで調整剤などは使わない無添加パンを、焼きたてで提供するのが同店のこだわりだ。 店頭に並ぶパンの種類は現在17種類。あんパン、カスタードクリームパン、メロンパン、デニッシュなどのスイーツ

Read More »

パコ(クワレシダ)

フィリピン料理のレストラン等で時々見かける、知る人ぞ知る野菜、それが今回ご紹介するパコです。この野菜、鹿児島や沖縄などでは「クワレシダ(食われ羊歯)」と呼ばれ、その名の通り食用にされます。台湾では過猫菜と呼ばれ、インド、タイ、マレーシアなどでも広く食べられています。ハワイではホーイオ、または「ワラビ」とも呼ばれるそうですが、見た目はそっくりでも、日本のワラビとは少し違うシダ植物です。 フィリピンでは、ルソン島からビサヤ地方の山あいや小川の岸辺などに自生しており、

Read More »

ナイトライフの締めはラーメンで

  らーめん島田 Ramen Shimada Call it a Night with a Ramen  首都圏屈指のナイトライフの中心地、エドサコンプレックスで楽しんだ後の「締め」なら、エドコンから徒歩30秒、朝11時から翌朝5時まで営業のらーめん島田へ。 あっさりめのとんこつラーメンは福岡・博多の屋台の味を再現。醤油味と塩味を選べるスペシャル醤油/塩、坦々麺、まぜそば、醤油にこだわったなつかしい夜鳴きラーメンなどもそろう。ご飯も無料おかわり自由。 餃子、鳥から揚げ、チャーシューなどおつまみも充実しているので、

Read More »