最新の投稿

~アブラ州の染め物職人を訪ねて~

100年経ても色あせない伝統の技 Craftsman who grass-dyed yarn in Abra, keep the traditional skill that does not fade even after 100 years. バギオの観光地や市場の土産物屋をのぞくと、様々な手織りの工芸品を必ずといっていいほど見かける。色鮮やかな織物で作られた小物や伝統衣装を見ると思わず手にとってみたくなる。コーディリエラ地方の各州には独自の手織り文化が存在する。今回は、アブラ州で伝統的な草木染めを継承する共同組合「ナマラバーインディゴ草木染め生産者協同組合」の染め物職人ルイス・アガイド

Read More »

海軍乙事件

セブ戦争秘話 1 by: 蝶谷 正明(セブ日本人会) 1941年12月の開戦以来、日本軍に有利に展開していた戦況は、半年後の42年6月ミッドウェー海戦で反転。主力空母4隻と200機以上の航空機を失い、8月から始まったガタルカナル島の戦いは2万余の犠牲を出して翌年2月に撤退。各方面での敗勢は覆い難くなっていました。 そのような情勢下1944年3月、セブ島を舞台として起きたのが海軍乙事件です。2月に連合艦隊の根拠地であったトラック環礁がアメリカ海軍機動部隊の空襲を受け、基地機能、停泊中の艦船、虎の子の航

Read More »

今こそ「ベイシティ」へ投資を

ベイシティ(首都圏パサイ市)の目覚ましい発展ぶりは他の商業地区の追随を許さず、ビジネスおよび宅地開発において今、最も注目を集めるエリアとなっています。多くの幹線道路と公共交通機関のターミナルを擁し、空港へのアクセスも至便。国際的な人気スポットであるエンターテインメントシティとSMモール・オブ・アジアの成功は、まさにベイシティが持つ可能性の証明と言えるでしょう。 ベイシティの魅力は、住宅用不動産においても急速に高まっています。コンドミニアムの戸数では既にオルティガ

Read More »

前略、BGCにて

at the BGC 前略、BGCにはいろいろなものがあるわけで、それはあまりに多くて限りがないわけで…(©前略おふくろ様?!)。というわけで、今回はBGCのおすすめをご紹介。きっとサブちゃんも「何だかわかんないけど、凄いっす」なんてお墨付きをくれるはずだ。 Recommended Spot in the ever-evolving and popular city, BGC. 世界遺産、仏「モンシャンミシェル」で、 世界の人々に愛され続けるレシピを味わう。

Read More »

前略、BGCにて

at the BGC BGCの新たなマーケットは、 優しい木陰で寛ぐ憩いの場。 A new market born At BGC, A place where evergreen trees creates a gentle CLOUDY shade. 毎週、日曜日の人気スポットとしてすっかり定着している「レガスピ・サンデー・マーケット」が、地権者の都合で規模を縮小し場所を移動したのが4月。そして、同時期にBGCで新たにスタートしたのが「MY SATURDAY MARKET」。主催者はマラ・パルド・デ・タベラさん。「レガスピ・サンデー・マーケット」の発案者で、自身もマーケット内にオーガニッ

Read More »

前略、BGCにて

at the BGC 安くて、高品質、そしておしゃれJINSのメガネはフィリピンでも大人気! high quality but affordable and fashionable JINS glasses are now very popular in the Philippines! フィリピンで暮らしていて感じることの一つがフィリピン人のメガネ着用率の低さだった。強い日差しに排気ガス、工事や道路の粉塵など目の健康にとってはあまり良い環境とはいえない中、彼らの視力は一体どうなっているのか? 不思議に思ってフィリピン人の同僚に尋ねたら「メガネは高いから、みんな多少視力が落ちてもメガネをかけな

Read More »

ナビ流ゴルフ

ゴルフ上級者の「金言」 ギャンブルや釣りなどでは、時として「運」が技量や経験を上回る結果を導く「ビギナーズ・ラック」が起きる。しかし、ゴルフに関して言えば、通常、初心者がゴルフコースで上級者よりもいいスコアを出すことは、ほぼ不可能だろう。ゆえに数々の経験をしてきた上級者の言葉は、重みがある。 そこで、フィリピン在住の日本人ゴルフ上級者たちから聞いた初心者に役立つ金言を集めてみた。 練習場での練習法 上級者が口を揃えて言うのが、初心者はドライバー等の大きなクラブでナ

Read More »

~とっておきのフィリピン~

チャンポラード フィリピンの人たちは、もち米をお粥にして、ココアを混ぜたチャンポラードが大好きです。雨が降る肌寒い日の朝ごはんやメリエンダとして人気があり、コンビニやスーパーでもインスタントの商品が並んでいるほど。砂糖で甘く味付けした上に、さらにコンデンスミルクをかけて食べるので、ちょっと甘すぎる、と感じるかもしれません。甘いチャンポラードにはなぜか塩辛い干し魚を合わせるのですが、これは日本人がお汁粉に塩を一つまみ入れたり、塩昆布と一緒に食べたりするのと似たよう

Read More »

日本映画の話題作17本を上映  第22回 日本映画祭 7月3日から開催

Catch Your Favorite Japanese Flicks! The Japanese Film Festival EIGASAI 2019   国際交流基金マニラ日本文化センター主催の「日本映画祭」が比・日友好月間を記念して7月3日にスタート。22回目を迎える今回はロマンス、コメディ、アクション、ホラー、アニメ、ドラマなど、2016~19年に公開された多岐に渡るジャンルの邦画17本が上映される。 安政時代に行われた日本初のマラソンを舞台にした「サムライマラソン」、2018年カンヌ映画祭 パルムドール(最高賞)受賞作「万引き家族」、口コミで評判が広が

Read More »

フィリピノ・ワールド

Filipino World 第32回 Palengke 市場 フィリピン語 アレ・コレ みなさんこんにちは!Kumusta kayo? フィリピン語では市場をpalengke(パレンケ)と呼んでいますが、これはスペイン語のpalenqueが語源です。しかし実はスペイン語でpalenqueは「木の柵」や「板塀」のこと。机などが並べられた集会所などの意味で使われることもあったため、テーブル等を並べて物を売った場所をpalenqueと呼んだのが始まりのようです。ちなみにスペイン語の「市場」はmercadoと言い、ビサヤ語ではそのままmerkadoを使

Read More »

日本が誇る精緻なアート 「根付」展覧会

Japan’s Sophisticated Miniature Sculptures ‘Netsuke’ 根付(ねつけ)とは、江戸時代、巾着やたばこ入れ、印籠などを着物の帯にさげて歩く時にすべり落ちないように紐の先に付けられた留め具のこと。携帯電話のストラップの原型とも言われる。根付には木や象牙などが使われ、大きさは約1センチ~5センチ程度。小さいながら精巧な彫刻が施された根付にはアンティークなものから現代の作品があり、日本はもとより海外でも美術品として高く評価されている。 この展覧会では、現代の根付師による木彫の根付作品

Read More »