最新の投稿

山岳地方についての本が充実のインディ書店

マウント・クラウド・ブックショップ Mount · Cloud · Bookshop: Indie-Bookstore with a lot of Books about the Mountainous Regions 大手書店にはぜったい並んでいない地域出版、自費出版本などを販売するインディ・ブックショップが、バギオの街中にある。2010年に在バギオのライターで文化人類学者のパドマと妹のフェリスによって始められた小さな本屋「マウント・クラウド・ブックショップMount Cloud Bookshop」だ。人気の旅ブログ「Trip Zilla」の「東南アジアの15のインディ書店特集」でも、マニラのSolidaridad

Read More »

ボホールの新スポット!

チョコレート専門店 Dalareich Chocolate House ボホール島州都タグビララン市にボホール産オーガニックカカオでつくられたチョコレートやタブレア(カカオ100%チョコラテの素)が販売されている専門店ができました。希望の方はお一人200ペソで併設する工場見学、試食や試飲ができます。 家族経営であるDalareich chocolate houseのオーナーは元々町の掃除の仕事をしながら小さな店構えで細々とタブレアのみを販売していました。そして長年の努力を重ね、オーナーの娘さん(現在、マネージャー)がマーケ

Read More »

暑い!! が実は…

セブが常夏ではない話 by: 蝶谷 正明(セブ日本人会) フィリピンだから暑いのは当たり前かというと、1年中のべつ幕なしに暑いなんてことはないのは在住者であればわかります。ネットやガイドブックのデータでは最高気温は30~33度、最低気温が25度前後ですが、実際の体感気温と温度計のデータには乖離があります。日本の感覚で30度は猛暑ですが、こちらでは必ずしもその通りではありません。2月から5,6月までは本当に暑い。今年は少し気候変動の影響か2月は結構涼しかったようです。確かに冬の日本から

Read More »

季節は春。行こう、日本へ。

Spring is here… Let’s visit Japan! Sakura Bloom 2018 FORECAST フィリピンではサマーシーズンを迎える3月、日本では春の足音とともに様々な花々がその開花の時を迎えるフラワーシーズンがやってくる。梅、桜、つつじ、藤など日本古来の季節を象徴する花々が順次開花して春の訪れと深まりをを告げていく。中でも、多くの日本人が心待ちにしているのは桜。ウェザーニュースによると今年の開花は関東、関西ともに例年並みかもしくはやや遅いということだが、3月末から4月、北海道なら5月初めまで、日本全国各地

Read More »

フラワー業界で活躍しませんか?

Why not try a career in flower arranging?  www.floralschool.com.ph IPhFTはフィリピンで初めて設立された花の専門学校。フラワー業界で,活躍できる人材の育成を目的に設立されました。花の売買やアレンジメントなど独自のプログラムで知識と技能を身につけた多くの人材をフラワー業界に送り出しています。IPhFTはあなたがフラワー業界へ歩み出す素晴らしい第一歩です。実技や講座を通して花の多彩で刺激的な世界を知り、あなた独自のスタイルを目指しましょう。

Read More »

フィリピノ・ワールド フィリピン語 アレ・コレ

みなさんこんにちは! Kumusta kayo? 2017年の日本の流行語大賞は「インスタ映え」と「忖度」でしたね。フィリピンには流行語大賞こそないものの、やはり年末になるとその年の流行語がメディアに取り上げられます。これまではテレビで使われたフレーズが流行ることが多かったのですが、昨年はツイッターやFacebookなどのソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を中心に流行したことが特徴的で、また既存の言葉の音を入れ替えた「倒語」ばかりだったこともユニークでした。 そんな2017年のフィリ

Read More »

ココナッツシュガー

前回「酢」の回で「スーカン・トゥバ」ココヤシの花の蜜から使った酢をご紹介しましたが、この花の蜜を煮詰めたものがココナッツシュガーです。 まずココヤシの花が開く前にできる「包」の先を切り取り、花の蜜を集めます。この花の蜜の酸性度が高すぎるとココナッツシュガーの原料としては適さないため、酸性度の高い物は「トゥバ」と呼ばれるココナツ酒を造るのに使い、酸性度の低い物を煮詰めたものがココナツ・シュガーになります。 ココナッツシュガーのカロリーと糖質は砂糖キビから作った砂糖と

Read More »

選んだ魚介をお好みの調理で即味わえる“ダンパ”

シーフードが食べたく なったら迷わずここ! The Place where you are the Boss ! Enjoy Eating Seafood Anytime! アキノ空港に着いたらすぐにでも直行したい場所がここ。パサイの海岸近くマカパガルブルーバード沿いにある“ダンパ”というユニークなシステムでシーフードが味わえる場所。ここはあなたのお腹を幸せで満たしてくれること間違いなし。まず中央の市場で新鮮な魚介を選び購入。カニやエビ、貝、魚、活きが良くしかも格安でさらに値切り交渉も。次に数あるレストランの中から好みの店を選び調理をし

Read More »

パワーみなぎる街ビノンド 

世界最古の中華街で チャイニーズニュイヤー体験! Chinese New Year in the World’s Oldest China Town 2月16日、チャイニーズニューイヤーの元日にマニラの中華街に行ってみた。到着したのは正午近く。サンタ・クルーズ・パリッシュ・チャーチ向かいの親善門からオングピン・ストリートへ入るが立ち並ぶ屋台と人の波、さらにパレードがそこを通り抜けるためまるで満員電車状態。やっとのことで少しずつ歩みを進めるがどこまで行っても人、人、人。街に出ればそこかしこで人混み差しあたるマニラ首都圏だが

Read More »

大自然と一体で楽しむ南国の 露天温泉。

Experiencing Nature and the Tropics with an Open-air Hot-spring  フィリピンに居住または長期滞在中のみなさん、日本食とともに温泉が恋しくなることはありませんか? 世界各地に温泉はありますが、日本人が群を抜いて温泉好きであることは誰もが納得をするところです。日本人が温泉に親しんできたのは、けがや病を癒す湯治目的として温泉文 化が発達したという歴史と「大自然の贈り物に対する感謝と崇敬の念」を抱く日本人の国民性のためだといわれています。

Read More »

第四マクタン橋?

画餅が現実になる? by: 蝶谷 正明(セブ日本人会) セブに来られた方は空港のあるマクタン島から本島に渡る橋をごぞんじでしょう。マニラ顔負けの大渋滞のためわずか10㎞ほどを平日であれば1時間以上もかけて移動します。マクタンの工業団地に勤務していれば毎日往復に3時間はあたり前です。日本の援助で1973年に架橋された第一、1999年完成の第二の二本の橋がふたつの島を結んでいますが、これは完全に飽和状態です。 これではならぬと昨年、第三橋が着工したようです。

Read More »