最新の投稿

セブでビオトープ

自然の営みに和む   by: 蝶谷 正明(セブ日本人会) 2、30年前から日本では自然に対する関心が高まっていますが、その表われの一つにビオトープがあります。人工の池の中で大自然の営みが繰り返されます。植物性プランクトンを動物性プランクトンが食べ、それを魚やエビ、水生昆虫が捕食する。その排泄物が植物やプランクトンの養分になり、酸素を空中に放出します。この空間内で食物連鎖が行われています。企業がビルの屋上や水田を利用して造ったり、学校の池を改造したもの、家庭でスイレン鉢を利用したりと規模も

Read More »

バレンタインデーはバラの花束とともに

ローマ帝国時代に起源をなすといわれるバレンタインデー。キリスト教司祭のバレンタインが婚姻を禁止されていた兵士のために内密で結婚式を執り行ったことが皇帝の知るところとなり処刑された日とされるが、これには諸説あり現在のカトリック協会では祝日とはされていない。国民の9割がカトリック教徒といわれるフィリピンにおいても同じだが、そこは陽気な国民性のフィリピン。クリスマスほどのロングランではないが2月になれば街はバレンタインムード一色だ。 今回の特集のように日本ではバレンタインデーといえ

Read More »

富士ゼロックスが創造的な働き方を可能にする高機能な複合機14機種を販売開始

Fuji Xerox Hits the Advanced 14 Multifunction Printer for Smart Works 富士ゼロックスはデジタルカラー複合機、ApeosPort-VII C / DocuCentre-VII Cシリーズ14機種の販売を開始。手間のかからない自動化機能によって、高機能を簡単に使いこなせるのが特徴。 Fuji Xerox launched their 14 Multifunction Printers of digital colors, it is the ApeosPort-VII C / DocuCentre-VII C series that can make smart work in every corporate office. This basically has enhanced features that is

Read More »

応募総数:398作品(122人) 多くの皆様のご応募に心から感謝申し上げます。

Total number of entries: 398 photos (122 person) We would like to express our sincere gratitude to many of you for your entry.  7月1日から募集を開始した“まにら新聞写真大賞” ですが、おかげさまを持ちまして多くの皆様にご応募いただきました。 ニュース部門、オープン部門、ジュニア部門、いずれ劣らぬ力作ぞろいでこれを審査し各賞を決定するためにはよほど慎重にかからねばなりません。毎月まにら新聞及びナビマニラphで応募経過をお知らせし、数点の応募作品を紹介してきましたが現時点で注目され

Read More »

フィリピンのクリスマス定番料理10

In the Philippines, Eat Christmas Feast as Filipinos do! レチョン Lechon:Crispy, Juicy, Tasty, Not Porkies 特別な日やパーティーに欠かせない豚の丸焼きは 、もちろんクリスマスにも登場。外皮はパリっと、中は肉汁がしっとりジューシーなレチョンはフィリピン料理の代表的なごちそうだ。価格は量り売りの場合1キロ約700ペソから。一番高価な部位は頭なのだそう。1匹丸ごとは5,000ペソ~1万2000ペソ以上になることも。 クリスマスのお楽しみといえばやっぱり特別料理。

Read More »

クリスマス&年末プロモーションガイド

Christmas & End of Year Promotions in Manila 今年のクリスマスから年末、マニラで過ごす予定のあなた。年の瀬をのんびり過ごすのもいいけれど、やはり1年のうちで特別な時期らしく、 お祭り気分にひたってみては? この時期はいろいろなプロモーションも目白押し。お得なクリスマス&年末の楽しみ方を紹介。 ネットワールドホテル スパ &カジノNETWORLD HOTEL SPA & CASINO 大切な人と過ごす特別な日 ステイケーション&忘年会 ひと味違うマニラの休日 マニラでクリスマスを過ごすとしても、

Read More »

第25回 lang「~だけ」

みなさんこんにちは! Kumusta kayo?   フィリピン語には「小辞」と呼ばれる副詞がいくつかあり、 “lang”(ラン)もそのうちの一つです。「小辞」には「まだ」を意味するpaや「もう」を意味するnaなどがありますが、これらの小辞が組み合わさると、さらに別のニュアンスが生まれます。しかし使い方はある程度決まっているので、一度覚えてしまうと簡単です。 lang langは「~だけ」「~のみ」という意味です。本来はlamang(ラマン)という言葉ですが、省略されたlangの方がよく使われます。

Read More »

しびれる辛さがクセになる 24時間営業の四川料理店

Mouthwatering, Hot and Spicy Sichuan Chinese Food in Makati 多美味 Duo Mei Wei / Bettapril 数ある中国料理の中で、四大料理と呼ばれる山東、広東、江蘇、四川料理。最近、ディープな中国料理店が増えているマカティ市で本格四川料理が楽しめるのが、この多美味(Duo Mei Wei/またはBettaprilという店名もあり)。四川料理名物の魚料理である酸菜魚や、汁なしの担々麺(写真)など香辛料をピリリと効かせたメニューがそろう。 四川料理を食べると体が温まり、冷房に疲れたカラダにやさしそ

Read More »

タマリンド

タマリンドはマメ科ジャケツイバラ亜科のタマリンド属の常緑高木で和名はチョウセンモダマといいます。原産地はアフリカで、インドや東南アジアやメキシコで広く栽培され、料理などに使われます。タマリンドという名称はアラビア語で「インドのナツメヤシ(デーツ)」を意味する「タマル・ヒンディー」から来たと言われます。これはアラビア半島にタマリンドが入って来たのがインドからだったためのようです。フィリピンではサンパロックと呼ばれています。 熟した実は甘酸っぱく、茶色い殻をむけば生で食べられ

Read More »

四季の味覚と銘酒を堪能「本物の日本」に出会う

TEMPT YOUR TASTE BUDS WITH GENUINE SEASONAL JAPANESE CUISINE  魔羅亭 IRODORI RESTAURANT 9月、マラテにオープンした「魔羅亭 IRODORI RESTAURANT 」は、フィリピンで本物の日本の食とおもてなしを伝えるために妥協しない。海鮮、肉、野菜、米などの食材、酒、そして調味料まで日本から直送したものを使う。例えば、刺身なら口の中でとろけるようなトロ、下駄に乗ったウニなど日本で味わえるような逸品を堪能できる。毎月替わるおすすめメニューには、四季をテーマに旬の味覚

Read More »

巡礼者を温かくもてなした料理は、 時を経て今もなを、訪れる人々を魅了する。

In the past, dishes that satisfied the appetite of pilgrims will fascinate people who visit even now. LA MERE POULARD ラ・メール・プラール クリスマスの夜をどこで過ごそうかお悩みのあなた。現在は世界遺産となっているフランスのモン・サン・ミッシェルで1888年に創業された名店の味を受け継ぐレストラン‘“ラ・メール・プラール”はいかが?フランスと日本とフィリピンでしか味わえない伝統のフランス料理をワインとともにいただくクリスマスディナー。おすすめです。 創業者のマダムプラール

Read More »