最新の投稿

日本とフィリピン。あなたの今年のトレンド予測は?

JAPAN and the PHILIPPINES What is your trend forecast for this year?   ニンテンドースイッチ Nintendo Switch 日経トレンディ2017年ヒット商品1位。2017年3月3日に発売されたハイブリッドゲーム機。TVモード、テーブルモード、携帯モードの使い分けが可能。ローカルとインターネットの通信機能も搭載。 Released in March 2017 by Nintendo, it became No.1 on Nikkei Trendy the same year. It is a hybrid game machine. It has also a function capables of connecting to the internet and local Adhoc network.

Read More »

トライシクルの似合う街

A Town Where The Tricycle Rules ローカル・レポート:サンバレス州パラウイグ Local Report:Palauig, Zambales パラウイグから州都イバへ向かう道 Road heading from Palauig to the capital city of Iba n the World Happiness Survey 2018 by WIN & GIA, the Philippines won third place among 55 countries to be surveyed as the happiest country. What makes Filipinos so happy? What I feel living in the Philippines is that people in the Philippines cherish their families very much. Even though they are not rich, relatives and parents, of course, are helping each other.

Read More »

田植え。

知られざる棚田の村で 民泊体験。 ルソン島北部山岳地方の観光の目玉と言えば、世界遺産に指定されているイフガオ州バナウエなどの棚田だが、 山岳地方には知られざる素晴らしい棚田の村がほかにもたくさんある。 バギオ市から古びたバスで北へ6時間のマウンテン州の州都・ボントクから、さらに乗り合いジプニーで移動すること約30分。マリコン村には、思わず息をのんでしまうほどの雄大な棚田が広がっている。ここでは、カラバオ(水牛)を使った昔ながらの農法で、

Read More »

焼肉+鍋=タイ式BBQ「ムーカタ」

お得に満腹・満足SIAM THAI Siam Thai BBQ and Sports Bar マニラでは数少ないタイ式バーベキュー「ムーカタ」を楽しめる店であり、在比タイ人にも支持されているのが、このシャムタイ(Siam Thai )。ムーカタはドーム型鉄板でバーベキューをしながら、同時に周りのくぼみ部分にチキンスープを入れ、肉汁の旨味も溶け込んだ鍋を楽しめ、牛肉、豚肉、鶏肉、海鮮、野菜、練り物などと多彩な食材を食べることができる。決め手のタレは日本式の焼肉タレとタイ式タレの両方を用意。

Read More »

“忖度” “インスタ映え” “草生える”&“フェイクニュース”

2017年の流行語 Buzzword in 2017 昨年末に発表されたユーキャン新語・流行語大賞は“忖度”と“インスタ映え”の2語。“忖度”とは人の気持をおしはかること。森友学園問題を期に国会で盛んに取りざたされ見事に受賞した。受賞者は森友学園の籠池氏でも財務省の役人でもなく“忖度まんじゅう”で儲けた会社社長。ユーキャンは籠池氏や財務省に受賞の打診をしたのだろうか?それとも氏や省の気持ちを忖度したか…? “インスタ映え”はいかにかわいらしく自撮りするかということ。

Read More »

スーカ(酢)

フィリピンには様々な酢があり、各地方にそれぞれ独特の酢があります。日本では米酢や穀物酢が一般的ですが、フィリピンではサトウキビやヤシの花の蜜、ココナツジュースなど、亜熱帯ならではの原料が使われます。 Sukang Sasa 「スーカン・ササ」 (ニッパヤシの花蜜酢) タガログ語で「酢」のことは “suka「スーカ」”と呼びます。スーカン・ササとはニッパヤシの花の蜜から作った酢です。ニッパ・ビネガー、パーム・ビネガー等の名称で売られているのもこの酢で、

Read More »

フィリピンのバレンタイン

 みなさんこんにちは! Kumusta kayo? 今年もバレンタインが近づいてきましたね。日本でバレンタインと言えば、女性が男性にチョコレートを贈るものと決まっていますが、フィリピンでは、この日は恋人同士がカードを交換したり、男性が女性にプレゼントを贈る日です。世界的には、このように男性から女性に花束やギフトを贈る方が一般的です。恋人や妻だけでなく、母親にも日頃の感謝を込めた花束とカードを贈りますし、普段から仲の良い女友達の間でプレゼントやカードを贈りあうこともあります。

Read More »

フィリピンのクリーンな未来を目指して

Aiming for a clean environment in the Philippines 日米や欧州、中国などではすでに始まっているEVシフト。フィリピンでは実験的にe-ジープニーや電動トライシクルが導入されている程度でPHEVやEVは市場では皆無に等しい。排気ガスによる環境汚染が恒常化する首都圏や地方都市を抱えるフィリピンだからこそEVシフトが急がれる。そこで、その現実を知るべく、大手自動車メーカーの中で2009年にいち早く「i-MiEV」を世に送り出した三菱自動車の押切武津洋三菱自動車フィリピン社長に話を伺った。

Read More »

伊万里焼色絵展

in サンカルロス大学     in サンカルロス大学 セブの名門私大サンカルロス大学で伊万里焼の色絵のコレクションが特別展示されています。日本の文化を紹介する展示会が3月末まで開催されているとのことで、さっそく見に行ってきました。 この催しが開催されているメインキャンパスは雑踏喧騒のダウンタウンの真ん中にあります。大戦直後に伝統ある大学の灯消してはならないと、有志が血の出るような努力で瓦礫の山を撤去し再建した歴史を持つ建物です。日本でいえば文化財に指定されていてもおかしくない優雅

Read More »

ハポンスリー in バセコ

Japanese Comedy Trio HPN3 During Smokey Tour 日本から片道切符でやってきた、フィリピン住みます芸人・ハポンスリーのスラムツアー体験! マカティやBGCに象徴される成長を続ける街と貧困の連鎖を断ち切れずに人々が寄り添って暮らすスラム街。日本ではありえないその格差は行政やNGO、ボランティアなどの様々な取り組みによってもなかなか改善には至らず、今も各地にスラム街が存在し続けている。今回ハポンスリーの3人が参加したのはそんなスラム街の中でもマニラ最大級のバセコ地区を巡るスモー

Read More »

2018年、「ナビ・マニラ」は変わります。 フィリピン全域が次のステージです。

A New Navi Manila for 2018 「けいとうはっせい」とはドイツの生物学者 E.ヘッケルが提唱した「個体発生は系統発生を繰返す」という生物の形態変化をさす言葉ですが、なびマニラの新たな系統発生はまず雑誌タイトル。メトロマニラ限定ではなくフィリピン全土の情報をより広域に発信することを新たな目的としフィリピンを表す“ph”を追加。そして、もう一つが日本語に加え英語、タガログ語での情報提供。従来の日本人読者に加え広くフィリピ

Read More »