Puerto Galera, Oriental Mindoro

puertogallera01
透き通るような青い海と、遠くまで続く白い砂浜。混沌とした首都圏マニラとはまるで別世界の様な楽園が、実はマニラから週末にふらっと訪れられる距離にある。プエルトガレラは首都圏から飛行機に乗らずに行ける数少ない美しいビーチの1つ。ダイビング好きには格好のダイビングスポット、ダイビングをしない方はビーチでゆっくりするのも良し、友達とパーティーを楽しむのもあり。いくつもビーチがあり、それぞれ色々な楽しみ方ができるプエルトガレラ。隙を見つけてはマニラから逃亡し、足しげくプエルトに通う、マニラ新聞きってのビーチガール記者が、「週末ぶらりプエルトガレラの旅」をご紹介する。

白い砂浜なら…ホワイトビーチ

puertogallera00美しい砂浜で有名なホワイトビーチ。フィリピン人から海外からの観光客まで、多くの「Beach Lover」が訪れる場所。バタンガス港からバンカで辿り着けばもうそこは透き通る海が広がる白い砂浜。昼間はビーチでゆっくりするのもよし。沖合ですぐに楽しめるバナナボートやジェットスキーなどのマリンスポーツで友達とワイワイするのもあり。マリンスポーツはビーチで申し込めるので安心。マッサージも砂浜で受けることができる。

ビーチ沿いにはローカルな雰囲気の飲食店や土産店、ホテルが並んでいるため、全てを徒歩圏内で済ませることができ便利だ。ホテルも飲食店もローカルプライスなためにお財布にも優しく、海外からバックバッカーもよく訪れている様子。

夜はビーチ全体がパーティー会場へと様変わり。レディボーイ達が繰り広げるダンスショーやファイヤーショーを楽しめる。友達とワイワイしたいなら、ホワイトビーチがオススメ。ただ、観光シーズンである夏季は人でいっぱいになるので、ゆっくりしたいのなら少し季節をずらして訪れるのもあり。

<記者のオススメ>
ホワイトビーチを一望できる、秘密のイタリアンレストランがホワイトビーチの端にある。ビーチの一番奥にひっそりとたたずむ、イタリア人経営の本格イタリアン「Casa Mia」。2・3階の席からは美味しい料理を楽しみながらの絶景が眺望できる(写真1)。ホワイトビーチで唯一、ちょっとお洒落な雰囲気の、デートにも使えるおすすめレストラン。

大人なダイバートリップなら…サバンビーチ
多くのダイビングショップが立ち並び、大人な雰囲気の上質なホテルやレストランが多くあるのがサバンビーチ(Sabang beach)エリア。バタンガス港から出るバンカはサバンビーチに到着するが、ネット上で気に入ったホテルを見つけたなら、隣接するララグナビーチやビッグ・ララグナビーチにホテルを予約するもあり。3つのビーチは全て徒歩で移動可能。

サバン・ララグナビーチには砂浜という砂浜はなく、港の様な雰囲気。しかし、これらのビーチがあるプエルトガレラ湾は、比から唯一「世界で最も美しい湾」にも選ばれている世界有数のダイビングスポットだ。ホテルにクオリティを求め、グルメやバーを楽しみたいのなら是非、サバンビーチエリアにご宿泊を。夜はパーティーで盛り上がるホワイトビーチは騒がしく、ゆっくりとした夜を恋人や家族と過ごしたい方は、こちらがオススメ。ビッグ・ララグナビーチには規模は小さいが砂浜のビーチもある。ホワイトビーチと違い、マリンスポーツやマッサージの勧誘もないのでゆっくりとした時間を過ごせる。

<記者のオススメ>
新鮮な海鮮料理からフィリピン料理、ステーキまで、様々な上質なレストランが立ち並ぶサバンビーチだが、記者のオススメは海の上に浮かぶ「Floating Bar(写真2)」。文字通り、サバンビーチの海の上に浮かぶバー。サバンビーチに2つあり、どちらもビーチで待機する小舟でバーまで渡ることができる。バーのライトで照らされた透き通る海には可愛い魚が泳いでいるのが見える。

ホワイトビーチとサバンビーチはバンカで行き来できる。値段交渉にもよるが、片道1000ペソ程度。両ビーチ間は約30分だが、その間の景色は絶景だ。ミンドロ島の壮大な山を臨むことができ、夕暮れ時にバンカに乗れば、海の向こうに夕日が沈むのをバンカから眺めることができる。
サバンビーチエリアで宿泊して昼間〜夕方にホワイトビーチへと遊びに行き、夕暮れ時にバンカから夕日を見てサバンに帰るのがベストプラン!

「Sikat Ferry Bus」も便利です。
マニラ市マビニ通りのCitystate Tower Hotel前から毎日直行バスも出ています。ボート代込みで片道P800です。
G/F Citystate Tower Hotel,1315 A. Mabini St., Ermita, City of Manila
Tel. (02) 708-9628
www.sikatferrybus.com

アクセス Access
puertogallera03移動手段はバスと船。片道計約600ペソでビーチまで行けるお財布に優しい旅行先。まずはLRTヒルプヤット駅(Gil Puyat)付近にあるバスターミナルからバタンガス(Batangas)行きのバスに乗車。代金約170ペソはバスが走り始めてから集金係が集めに来る。2時間ほどでバタンガス港(Batangas port)に到着し、そこからはバンカと呼ばれる小型のボートに乗ります。海に向かって左側にある港でチケット(約350ペソ)を購入し、ターミナル料(50ペソ)を払い乗車。ホワイトビーチ行きとサバンビーチ行きは異なるのでご注意! 1時間強で到着です。

puertogallera02

puertogallera04

puertogallera05

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *