全国フィエスタ情報

フィリピン人大集合!

12009611_969006069813128_8348895671566909698_n

東京でフィリピンフェスティバル Philippine Festival at Yoyogi Park Tokyo, Japan 文と写真 by坂井 志をり 9月19日から2日間、東京の代々木公園にてフィリピンフェスティバルが開催された。連休と好天に恵まれ、首都圏に住むフィリピン人やその家族らが会場に集まり、友人との再会を楽しんだり、フィリピン料理に舌鼓を打った。 会場ではフィリピンの民族舞踊が披露されるなど、故郷の「バリオフィエスタ(村祭り)」を彷彿とさせる2日間だった。 フェスティバル初日の開会式にはパッキャオ議員が出席。会場に集まったフィリピン人らの熱狂的な歓迎に笑顔で応えた。式典終了後、パッキャオ議員が実行委員会本部のブースに移動すると、同議員のサインを求める人で長蛇の列ができた。 長い列を作ったのは、パッキャオファンだけではなかった。最高気温が25度を超える夏日となった2日間、暑さを凌ごうとハロハロを求める人が料理店ブースに集まった。本場のフィリピン料理を味わいたいと同ブースに向かった人も加わり、午後2時を過ぎても列が途切れることはなかった。 会場では民族舞踊のダンスコンテストが行われ、在日フィリピン人で結成された舞踊団が本格的な舞踊を披露した。また、東京外国語大学フィリピン舞踊部は、フィリピン観光省ブース前でバンブーダンスをはじめとする3曲を踊った。日本の大学生が踊るフィリピン舞踊を見たフィリピン人が「私たちの国の踊り、やっぱりいいね」「日本人が(フィリピン舞踊を)踊ってくれるのはとても嬉しい」と喜んでいた。 初日、2日目ともに天候が良かったため、ピクニック気分で会場を訪れた人も多かった。レジャーシートを広げてくつろぐ家族や遊びまわる子どもたちの姿がいたるところで見られた。 ナビ・マニラ第23号[Navi Manila Vol.23]より  

Read More »

ボホール島で「サンドゥゴ・フェスティバル」が開催!

31_57244d5f21950

ボホール島タグビララン市で7月26日(日)、「サンドゥゴ・フェスティバル」のハイライトであるストリートダンスが行われました。これはスペイン人探検隊のレガスピ隊長とボホール島の首長だったシタトゥナが和平の証にお互いの腕に傷をつけて血を出し合った「血盟」を記念するお祭りです。レガスピ隊長はその後、セブ島に向かったのです。ストリートパレードはタグビララン市の目抜き通りで昼から行われれ、その後市内の競技場で各団体がパフォーマンスを競いました。沿道には数千人の見物客がつめかけ、パフォーマーと一体となったボホラノパワーが花開きました。 July 25-26 BOHOL SANDUGO FESTIVAL 2015 Tagbilaran, Bohol 編集: 「ナビ・セブ」 Navi Cebu

Read More »

音楽に合わせて光が躍る!パンパンガの巨大ランタン祭りが開催!

Giant_Lantern_Festival22

 クリスマス恒例の巨大ランタン祭り”Ligligan Parol”が12月13日、ルソン地方パンパンガ州サンフェルナンド町のロビンソン・スターモールで開催された。町内から9つのバランガイ(最小行政区)がそれぞれ用意した直径約6メートルの巨大ランタンは、音楽に合わせて躍るように色やデザインを変える。 クラブ風の激しい音楽で、赤、黄、青、白などを織りまぜた色とりどりのデザインが目まぐるしく現れる場面もあれば、 クラシック風のクリスマスソングが流れる中、白い光を基調としたシンプルな演出もあった。まるで巨大な万華鏡を目の前で見ているかのよう。 また、クリスマスにちなんで十字架やエンジェルのデザインを絶妙に織りまぜた演出もあり、会場いっぱいに集まった数千人の観客から大きな拍手喝采を浴びた。

Read More »

ヒガンテス祭り (アンゴノ町)

s-DSC_0684

Higantes Festival 11月22日(土)・23日(日)    ラグーナ湖畔の町、リサール州アンゴノで毎年11月に開催の祭り。「ヒガンテ」とはジャイアンツ、つまり巨人を意味している。3メートル近くあるカラフルでおおきな人形が、鼓笛隊やバトンガールに率いられてアンゴノの街中をにぎやかに練り歩く。以前は人形は「はりぼて」だったが、現在では幅2センチ位のアルミ製の枠に薄い布をかけて作られている。軽量で、中で人形を操る子どもや大人も飛び跳ねたりお辞儀したりと、自由に動き回ることができる。朝の7時半に町役場前を出発し、町中をくまなく3時間くらいかけて回った後、出発地点に戻る。

Read More »