旅行情報

Filipino World フィリピノ・ワールド 第2回

フィリピン語  アレ・コレ Kain tayo (一緒に)食べましょう みなさん、こんにちは。Kumusta kayo? 前回は「クマイン・ナ・カヨ?(もう食べましたか)」をご紹介しました。今月は”kain”(食べる)を使ったもう一つの表現「カイン・ターヨ」についてご紹介します。 オフィスでも家でも、たまたま食事中の人に出会うと必ず言われるのが”Kain tayo”「カイン・ターヨ」(一緒に食べましょう)。その昔、私がフィリピン留学中、こんな事がありました。下宿に帰って来たら、ちょうど同じ下宿の女の子が1杯のマミ(フィリピン式のインスタントヌードル)を食べている所だったんです。もちろん彼女は私に「カイン・ターヨ」って誘ってくれたのですが、食べかけの麺を一緒に食べようって言われても、日本人なら「えっ!」て、一瞬戸惑っちゃいますよね。こういう場合はもちろん社交辞令で言われているだけなので、Salamat, tapos na ako. 「ありがとう、もう済みました(結構です)」ってお断りするべきなんですが、もし私が「じゃあ、いただきます」って言ったらどうするんでしょうか。フィリピン人の友達に聞いてみたら、そういう場合には食べかけだろうとなんだろうと、「カイン・ターヨ」って言ったからには、もちろん分け与えるのがフィリピン人の美徳なんだそうです。 そして、フィリピン人のお宅へ食事に招待され、「カイン・ターヨ」と言われても、なぜか皆モジモジして、誰も立ち上がって食卓に近寄ろうとしないことがあります。実は、勧められても、まずは遠慮して、3度勧められるまでは食べ始めない、本当に熱心に勧められるまでは飛びついてはいけないのだそうです。フィリピン人が大切にしている概念の一つに “hiya”「ヒヤ(恥)」がありますが、「ヒヤ」のない人 “walang hiya”「ワラン・ヒヤ(恥知らず)」というのは最大限の侮辱になんですね。これを言ってしまうと人間関係が修復できなくなるほどきつい言葉なのですが、実は、この「ヒヤ」の中には「遠慮」という意味も含まれているのです。ですから恥を知っている人=遠慮深い人でもある、というわけです。 また、 “Ang tunay na anyaya, may kasamang hila”(本当のお誘いなら、引っ張っても誘うもの)と言う言葉があり、「何度も誘われないなら本気ではない」とも考えられています。近年では3度勧められなければ食べないほど遠慮深い人も減ってきましたが、「カイン・ターヨ」と誘っても、フィリピン人のお客さんが遠慮している時は、しつこいくらい、最低3度は勧めてみてくださいね。 文:デセンブラーナ悦子 日英・タガログ語通訳。大阪外大フィリピン語学科卒。在学中にフィリピン大学に交換留学。フィリピン人の夫と1992年に結婚、以後マニラに暮らす。趣味はダンスだが、最近は時間が取れないのが悩み。 ◎ Navi Manila Vol.28 より

Read More »

Filipino World フィリピノ・ワールド 第3回

Hiya 「ヒヤ」 恥___ ___みなさん、こんにちは!Kumusta kayo?  前回「カイン・ターヨ(食べましょう)」と言われても、フィリピン人が何度も誘われなければ食べ始めようとしない、というお話しをしましたが、それも「ヒヤ」のためなんです。「ヒヤ」は「恥」と訳され、「恩義」や「面子」という意味も含まれますが、この場合は「遠慮」という意味になります。 ___昔、夫の会社で中華料理店を借り切ってクリスマスパーティーをしたことがあります。

Read More »

Filipino World フィリピノ・ワールド 第4回

Utang na loob 「ウータン・ナ・ロオブ」 恩義 ___みなさん、こんにちは!Kumusta kayo? 今回はフィリピン人にとってもう一つ大切な言葉「ウータン・ナ・ロオブ」を取り上げます。これは日本で言う所の「恩義」という意味になります。Utangというのは借金とか借りのこと、loobというのは「中」のことですが、ここでは「心の中」を意味します。つまり「心の借り」という意味になります。

Read More »

Filipino World フィリピノ・ワールド 第5回

Bahala na 「バハラ・ナ」 なんとかなるさ フィリピン語  アレ・コレ みなさん、こんにちは!Kumusta kayo? 今回取り上げるのは、Bahala na(「バハラ・ナ」=なんとかなるさ)です。これまで自分の力で頑張ってきたが、あとはBahala na、何とかなるさ、というときに使います。英語のLet it beに似た表現です。フィリピン人の楽天的な思考はこの「バハラ・ナ」に基づいているんですね。 「あとは神様にお任せ」が語源 このbahala、語源はbathala(神)に由来すると言われています。つまり、

Read More »

Filipino World フィリピノ・ワールド 第1回

[フィリピン語  アレ・コレ] Kumain ka na?(もう食べましたか) ___みなさん、こんにちは!Kumusta kayo? 今回から連載する「フィリピノ・ワールド」では、フィリピン語にまつわるお話しをお届けしていきます。第一回は“Kumain ka na?“(もう食べましたか)です。 ___「クマイン・カ・ナー?」道を歩いていたら急にそう言われて、びっくりしたことがあります。九官鳥です。日本だったら、九官鳥には「こんにちは」とか「おはよう」って教えると思うんですが、

Read More »

注意喚起!! 気をつけよう 被害にあわないために…

日本人が巻き込まれやすいと思われる典型的な窃盗や強盗事件を紹介    フィリピン観光省によると、今年5月にフィリピンを訪れた日本人観光客は月間約2万5000人で、アジアでは韓国人に次いで2位。しかし、同時に、フィリピンで観光したり、生活する日本人が犯罪に巻き込まれた事例も多い。似かよった手口の窃盗や睡眠薬強盗被害は相変わらず後を絶たない。過去の事件から犯人の手口を頭に入れ、普段から細心の注意を払えば被害に遭う確率もぐっと少なくなると思われる。そこで、今回はここ数ヶ月間のマニラ新聞に掲載された記事を紹介してみたい。楽しい旅の思い出を作るためにもぜひ教訓化しておきたい。

Read More »

フィリピンのトイレ事情

 トイレ事情…便座カバーがない便器??  フィリピンではトイレのことを「シーアール C.R.(Comfort Room)」 と呼んでいる。セブでは「カシーリャス」という古いスペイン語の言い方も残っている。  フィリピンのトイレは基本的に洋式トイレである。日本の家庭にある「ウォシュレット」などの洗浄式便座はまだまだ普及していない。ホテルなどは水洗式で水の勢いもよく、トイレットペーパーもあるのでさほど不便は感じない。しかし一歩外へ出て一般のレストランやスーパー、学校のトイレなど入ると、日本のトイレとその様子があまりに異なっていて戸惑う日本人がほとんどである。  その理由は、 ・便器だけあって便座カバーがない。  ・備え付けのトイレットペーパーがない。 ・水を溜めるトイレタンクがない。なので水洗式でない。 ・便器の近くに水をためたバケツとひしゃくがある。

Read More »

チップについて

 フィリピンのチップはいくら  フィリピンで悩むことのひとつが「チップ」。日本ではチップ(心づけ)の習慣が日常的にないため、渡すタイミングや相手、チップの金額の相場がわからない。  レストランでは税金12%以外に10%程度のサービスチャージ(SC))が会計に含まれていることがある。レシートを見てサービスチャージが含まれていたらチップは不要、なければチップを支払うという人もいる。つり銭の紙幣だけを受け取り、チップとしてコインを残していく人、つり銭にお金を足している人もいたりしてチップの額や払い方はさまざまだ。フィリピン人はサービスチャージの有無にかかわらずチップを置いていく傾向にある。  レストランだけでなく、ゴルフ場のキャディ、理髪店やビューティサロン、マッサージ、配達員、ホテルのボーイさんやドアマン、ルーム・サービス係、タクシーを拾ってくれたガードマン、タクシー、カラオケなど、チップを払う場面がフィリピンにはたくさんある。  空港やホテルのポーターには荷物1個につき1ドル、ルーム・サービスは枕銭(ピローマネー)として1ドルを心づけとして枕の下に置くというのが「国際相場」で、フィリピンでもそれなりのホテルや国際空港ではそれに従うのがよいとする意見がある。またチップを払うことでサービスがよくなり人間関係がより円滑にいくならこのチップの習慣をどんどん利用すべきという人もいる。 編集: 「ナビ・マニラ」 Navi Manila

Read More »

フィリピンの電圧と電源

 フィリピンの電圧   フィリピンの電圧は220ボルトで周波数60ヘルツ。それに対して日本の電圧は100ボルト、周波数は東日本50ヘルツ、西日本60ヘルツである。  このため日本で購入した電気機器をフィリピンで使う場合には、変圧器(transformer)が必要になる。ただし最近のデジカメやパソコン、スマートフォンなどの充電器(ACアダプタ)は「全世界対応」になっており、フィリピンでも変圧器なしで使える。この場合は充電器に「INPUT(入力電圧):100-240V,50-60Hz(周波数)」と書かれている。つまり240ボルトまでは使用できるという意味なので、充電器の入力電圧表示は必ず確認してみよう。  フィリピンの電圧に対応していない日本製100ボルトの電気機器を使う場合には、電圧を変換する機器である変圧器を購入しよう。電気器具や工具、生活用品を売っている「ハードウェア(Hardware)」に行けば必ず売っている。ハードウェア店は街中にもあるしSMなどショッピングモールの中に必ずある。  プラグとコンセントの形  プラグ(Plug)は差し込む方で、コンセントは差し込まれる電源の穴。フィリピンではコンセントは「アウトレット (outlet)」と呼ばれている。  日本の電化製品のプラグの形は平型のピンが縦に2つ並んだタイプのもの。フィリピンのプラグも基本的に同じ形をしているので形状変換プラグは不要である。ただし、日本でもパソコンやOA機器用のピンの下にアース用の丸ピンがついた3ピンタイプのものを見かける。このタイプのコンセント用のプラグもフィリピンでは比較的よく見かける。オフィスのコンセントにはこの形のものも用意されていることが多い。形が異なるときには形状変換プラグを使おう。ハードウェア店に行けば50ペソ(125円)前後で売っている。形状変換プラグにはこの3ピンタイプ用から、丸型ピンが2つ並んだものなど数種類がある。 ※料金表示は10,000円=4,000ペソで計算 編集: 「ナビ・マニラ」 Navi Manila

Read More »

このフィリピン的乗り物

ロロボート(Roll-on/Roll-off Ship) / バンカ(Bangka)  フィリピンは島が多いため、国内の港間をたくさんの内航船が運航している。フェリーは「ロロボート(Roll-on/Roll-off Ship)」と呼ばれ、ルソン島のバタンガス港からミンドロ島へ行く近距離のものから、ビサヤ地方やミンダナオ島まで長距離航路を行く船もある。マニラからコレヒドール島へ行く水中翼船やセブに行く旅客船「2GO」など、輸送船の種類は多様である。フィリピン国内を航海する内航船は定員以上に積み込むこともあり、海難事故の原因のひとつになっている。波が高く揺れが激しくなる台風の時期などは船の利用は避けたほうが無難である。台風警報のシグナルNo.2が発令されると出港しないので、乗り継ぎの飛行機便などがある場合には十分な留意が必要だ。  そのほか、「バンカ」と呼ばれる船内機つきのアウトリッガー(腕木)船もある。3人乗りの小型から50人くらい乗ることができる中型船まであるこのボートは、フィリピンではもっとも一般的。アイランドホッピングやダイビングで島に渡るときなどもこのアウトリッガー船を使うことが多い。「ランチャ」と呼ばれる20人ほど乗ることができるアウトリッガーがついてない小型船もある。バンカとランチャとの明確な区別は難しく、地方により呼び方が異なるようだ。

Read More »